売上を上げる完全成果保証のWEB集客サービスなら未来マーケティング「経営コラム」

COLUMN経営コラム

需要と供給の理解で独占市場を築く

需要と供給の理解で独占市場を築く

安定経営を目指すのであれば、独占市場の構築が何よりの近道だ。
しかし、独占市場を築くためには、需要と供給についての理解を深める必要がある。

本記事では、需要と供給の基本構造について説明した上で、独占市場を築くことで得られるメリットと独占市場を築くための差別化の方法について解説する。

需要と供給の基本構造

需要と供給は市場価格に大きな影響を与える重要なファクターだ。
一般的な自由競争市場では、需要が高ければ高いほど、供給が少なければ少ないほど、商品やサービスの価格は上がる。ただし、価格が上がると、売れる数量は減ってしまう傾向がある。

一方、需要が低ければ低いほど、供給が多ければ多いほど、商品やサービスの価格は下がる。価格が下がれば売れる数量は高まるものの、期待するほどの利益を得られなくなってしまう可能性がある。

特に、供給過剰の市場でビジネスを継続することはおすすめできない。熾烈な価格競争に巻き込まれて思うように利益を上げられず、経営破綻の憂き目にあってしまう危険性がある。

独占市場を築くことで得られるメリット


ビジネスを成功させるためには、需要と供給の関係を理解し、市場価格と売れる数量のバランスを見極めることが大切だ。
しかし、需要と供給の基本構造に当てはまらない市場もある。それは、競合が存在しない独占市場だ。以下より、独占市場を築くことで得られるメリットを3つ紹介しよう。

高価な商品・サービスも売れる

独占市場では、商品・サービスの価格を高く設定したとしても、需要が減ることはない。そのため、独占市場を築くことができれば、大きな利益を上げることができる。なお、高価であることに価値がある商品・サービスであれば、高価であれば高価であるほど需要が伸びることもある。

継続的な利益を確保できる

独占市場には競合が存在しないため、自社の商品・サービスを購入し続けてくれるロイヤルカスタマーの獲得も容易い。ロイヤルカスタマーをより多く獲得することができれば、継続的な利益を確保でき、安定した経営基盤を築くことができる。

競合対策に追われなくなる

独占市場では、競合に顧客を奪われる心配をする必要がない。
そのため、価格改定をはじめとする競合対策に追われることなく、顧客が満足する商品・サービスの開発や提供に集中することができる。

独占市場を築くための差別化の3つの方法


安定してより多くの利益を上げたいと考えるのであれば、独占市場の構築を行わない手はない。
そして、独占市場の構築には、商品・サービスの明確な差別化が必要不可欠だ。以下より、独占市場を築くための差別化の方法を3つ紹介する。

ニッチな市場を開拓する

既に存在する大きな市場を独占市場化することはほぼ不可能だ。
そのため、独占市場を構築するためには、ニッチな市場を開拓する必要がある。ターゲットの性別や年齢、商品・サービスを利用する時間や場所など、あらゆる観点を持って市場を細分化し、独占市場化が容易い市場を探し出そう。

商品・サービスの優位性を磨く

他の企業には真似することができない商品・サービスを提供することも、独占市場を構築する上で必要なステップだ。既存の市場で勝負するとしても、商品・サービスの優位性を磨き上げれば、市場を細分化して独占市場を構築することができる。また、唯一無二の商品・サービスを開発し、特許を取得すれば、競合の参入を阻止することもできる。

ブランディングを行う

競合の商品・サービスとの明確な差別化を図るためには、ブランディングも必要不可欠だ。主なブランディング方法としては、SNSや動画、オウンドメディアの活用が挙げられるが、第三者の視点から商品やサービスの魅力を発信するコントロールメディアを活用すれば、より大きなブランディング効果を期待できる。

まとめ

自由競争市場では、数多の競合の存在を意識しつつ、市場価格と売れる数量のバランスを見極める必要がある。
しかし、独占市場を構築することができれば、高価な商品・サービスも売れる上、継続的な利益を確保することができる。また、競合対策に追われることも無くなるため、顧客が満足する商品・サービスの開発や提供に集中できる。

独占市場を構築したいのであれば、ニッチな市場の開拓や、商品・サービスの優位性の練磨、ブランディングといった差別化の方法を実践すると良い。中でも、コントロールメディアによるブランディングは、想像以上の効果を期待することができるだろう。

PAGE TOP