売上を上げる完全成果保証のWEB集客サービスなら未来マーケティング「コラム」

COLUMNコラム

経営者必見!
高コンバージョンをもたらすコントロールメディアのススメ

経営者必見!<br>高コンバージョンをもたらすコントロールメディアのススメ

売上を改善したい企業の中で注目を集めているコントロールメディアというマーケティング手法だ。
本記事ではコントロールメディアが高コンバーションをもたらす理由を解説する。

コントロールメディアとは?


コントロールメディアは公式サイトなどのオウンドメディアとは完全に独立して存在し、「第三者の立場」から情報発信を行うメディアだ。

企業自ら第三者の立場から情報発信するため「ステマ」を連想する経営者もいるが、コントロールメディアはPR表記をしながら事実に基づく情報を発信しているため、虚偽の情報を発信するステマとは根本的に異なる。

「第三者の立場」から自社商品やサービスの魅力を発信できるコントロールメディアでは、自社と競合他社との明確な差別化をすることができるため、市場を独占するほどの高コンバージョンをもたらすメディアとして、コントロールメディアを採用する企業が近年急増している。

コントロールメディアが市場を独占するほどの高コンバーションをもたらす理由


ここではコントロールメディアが市場を独占するほどの高コンバーションをもたらす3つの理由を解説する。

ウィンザー効果

ウィンザー効果とは第三者から間接的に情報が伝達することによって、信憑性や信頼感が増すという心理効果を指す。

企業が自社メディア等で、その企業の商品・サービスを「優れている」というのは当然だ。そのため自社メディア等で商品・サービスを「優れている」と宣伝しても、消費者はその情報を100%信用することはまずないだろう。

下記のコラムでは実際の消費者データの分析からみたコントロールメディアの重要性を紹介している。興味のある場合はぜひ参考にしてみてほしい。
消費者データ分析から分かるコントロールメディアの重要性

一方でたとえば第三者の企業や人物がある企業の商品・サービスを「優れている」と発信したとしよう。

企業とは利害関係のない第三者が、実際には優れていない商品を「優れている」と宣伝する理由やインセンティブは存在しない。そのため、読者は「優れている」という情報を信頼してしまう心理作用が働く。

コントロールメディアは実際には企業が運営するものだが、自社メディアとは完全に独立して存在するため、消費者の目には第三者メディアとして写る。そのためコントロールメディアの情報は信頼され、競合他社との明確な差別化を実現することから、市場を独占状態にするほどの集客効果を得る企業は非常に多い。

バンドワゴン効果

バンドワゴン効果はある選択肢を多数が選択している現象によって、その選択肢を選択する者をさらに増大させる効果だ。人気がある(ように見える)商品・サービスを消費者は選ぶということを意味する。

ここで重要なのが、人気がある「ように見える」という表現だ。実際に人気が高くなくても、消費者にその商品・サービスが人気だと印象を与えることができれば、商品・サービスの購入につながる。

商品・サービスが人気だという印象を与え、バンドワゴン効果の恩恵を得るには、レビューや口コミの掲載が有効だ。 さらにコントロールメディアにレビューを掲載すれば、バンドワゴン効果と同時にウィンザー効果の恩恵を受けられる。

自社メディアにレビューや口コミを掲載しても、良い内容のものを企業が選択していると疑う消費者は多い。一方でコントロールメディアに掲載されているレビューや口コミの内容は消費者心理に基づいて掲載されるため信頼されるものとなる。

市場を独占するほどのブランディング効果


この世の中には類似商品があふれており、消費者はそれら類似商品を比較しても区別することができない。

そのため、現代の企業は競合よりもいち早く消費者にとって「卓越したサービスの提供者」であることを認識させ、自社が競合よりも優れていると区別してもらう必要がある。

特定の企業の顧客獲得を戦略的に設計したコントロールメディアではこの「卓越したサービスの提供者」であるブランディングを行うことができるため、競合他社を圧倒し、市場を独占するほどの高いコンバージョンが実現することも可能にするメディアとなる。

発信コンテンツの自由度の高さ

コントロールメディアは自社メディアと独立しているため、自社メディアより発信するコンテンツの自由が効く。

たとえば類似の商品を販売し、同程度の知名度を誇るドッグフードメーカーの企業AとBがあるとしよう。
「AとBのどちらから買うべきか」迷っている消費者向けにAとBを比較したコンテンツを作成すれば、アクセスを集めて高いコンバーションにつながる可能性がある。
また、専門家の監修を採用することでさらにコンバージョン率を高めることができることだろう。

しかし、企業が自社メディアで競合他社と自社の商品・サービスの比較コンテンツを制作するのは、企業イメージなどの問題で積極的に取り組む企業はあまり多くみられない。

比較コンテンツのサービス例として記事広告(タイアップ広告)の活用が挙げられるが、コントロールメディアはメディアそのものが特定の企業の顧客獲得を戦略的に設計した媒体であるため、1枠を購入して広告を出す記事広告とは別次元の集客効果を発揮する。

コントロールメディアは自社発信とは比較にならないほど自由に魅力を発信していくことができるため、必然的に企業に利益をもたらす。そのためコントロールメディアを採用しないことで損失しつづける利益の大きさは計り知れないことは想像に難しくないだろう。
広告表現の問題で勝負に踏み切れない企業も多いなか、自由にコンテンツを発信することのできるコントロールメディアは企業の必需品といえるのではないだろうか。

コントロールメディア運用の注意点


コントロールメディアはあくまでも事実を発信していく情報発信メディアだ。
当然、景品表示法や国内の各法律に従って運用していく必要があるため、法律家とのネットワークや運用ノウハウがない場合は十分注意が必要だ。

コントロールメディアは企業の利益を安全に最大化していく原則がある。
また、コントロールメディアには法律を遵守するなかでも事業成長を目的に運用するメディアであるため、当然のことながら安全や運用に対するコストが発生する。

弊社では多数の弁護士や法律家の監修により、お客様のコントロールメディアを安全に運用している。
もしコントロールメディアの採用をご検討されている場合、他社の格安業者には十分注意してほしい。

PAGE TOP