売上を上げるWEB集客代行サービスなら未来マーケティング「経営コラム」

COLUMN経営コラム

WEB集客に欠かせないアフィリエイト広告・PPC広告の特徴と注意点とは

WEB集客に欠かせないアフィリエイト広告・PPC広告の特徴と注意点とは

近年のインターネットやスマートフォンの普及により、既存のマスコミ4媒体である「テレビ・新聞・ラジオ・雑誌」を含めた従来型の広告の売り上げが減少方向であるのに対し、「インターネット広告」は伸びる一方だ。

この情勢は、経済産業省が2021年9月に公表した「特定サービス産業動態統計調査(広告業)」にも端的に現れており、広告業全体の売上高が減少の一途をたどっている中、インターネット広告のみが右肩上がりの伸び率を見せている。

参考:経済産業省「特定サービス産業動態統計調査(広告業)」
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/tokusabido/result-2.html

利用する企業からすれば一定の効果が見込める広告手法で利用価値が高いと言えるが、広告業界としては競争が激化するいわゆる「レッドオーシャン化」やユーザー側からは「広告の品質を見極めるのが難しい」などの問題点もある。

この記事では、インターネット広告を代表するアフィリエイトとPPC広告について解説していく。

ネット集客で利用するアフィリエイト広告・PPC広告とは

アフィリエイト広告・PPC広告は、どちらも集客を目的としたマーケティング手法によるインターネット広告だ。

アフィリエイト広告は、クリック型課金などとは異なり、成果に対して広告料を支払う方式の広告となり、「成果報酬型広告」とも言われている。
例えば、さまざまなWEBサイトやメールマガジンなどに自社商品サイトへのリンクを張り、ユーザーがそのリンクを経由して会員登録や商品購入などにつながった場合、リンク元サイトに広告費を支払う仕組みの広告手法となっている。

PPC広告とは、「Pay Per Click(ペイ・パー・クリック)」の略で、広告掲載自体には費用がかからないが、実際に広告がクリックされた回数分だけ費用が発生し課金されるインターネット広告を指す。

アフィリエイト広告・PPC広告の特徴と注意点

アフィリエイトは広告を出す企業側からすると、費用に応じて一定の効果を得ることができることから、大変効果的な広告手法ということが分かる。

一方、クリックの回数によって課金されるPPCの場合は、「クリック屋」と呼ばれるクリック回数の水増しを請け負う者により、不当なクリックを繰り返し行い、高額な費用を請求されたりするケースがある。

また、ステルス・マーケティングと呼ばれる、自社の社員やアルバイトがユーザーを装って商品を宣伝したり、口コミを投稿するなどの不正行為でアフィリエイトが利用されることもある。

あなたも「簡単にネットで稼ぐ方法」「〇日で絶対に痩せるダイエットサプリ」など、根拠が疑われる悪質な広告を目にしたことはないだろうか。
このような不正行為は景品表示法など各種法令に抵触することから、関係省庁などから当該行為の取りやめや改善の指示を受けるおそれがあるので注意が必要だ。

たとえば、ネットショップで食品を扱う場合、実際とは異なる産地を表示したり、知人に依頼し口コミに多数の好印象を与える情報を書き込ませ、意図的にそのサイト自体の評価を上げるような場合は不当行為とみなされる。

適正な集客をアフィリエイト広告・PPC広告で目指すための対策

アフィリエイト広告などのインターネット広告を利用する場合は、事前に費用・報酬の発生がどのような仕組みになっているか、契約書や規約をよく確認しておく必要がある。

また、PPC 広告の場合でクリックによる課金額の割に売り上げなどの成果が出ていないときは、クリック屋による悪質な行為が懸念されるので、即座に運営者に通告するなどの対処が必要だ。

近年ではアフィリエイト・ビジネスの健全な発展と普及、そして消費者利益と事業者利益の共存と成長を図ることを目的とした日本アフィリエイト協議会(JAO)が、「ガイドライン」策定などの活動を行っている。

参考;日本アフィリエイト協議会(JAO)「ガイドライン」
https://www.japan-affiliate.org/policy/

インターネット広告を適正に利用するために同協議会が開催するセミナーや勉強会に参加してみるのもいいだろう。

まとめ(アフィリエイト広告・PPC広告の特徴と注意点 )

SEO(検索エンジン最適化)とは異なり、インターネット広告の最大のメリットは即効性であり、テレビCMなどと比較しても費用対効果が高いのが特徴である。

コロナ渦の影響でオンライン業務が定着したことに伴い、今後もインターネット広告業界は伸び続けていくだろう。

「インターネット広告でどの種類を利用すればいいかわからない」「現在利用中の広告費が高い」などで困っている場合、WEB戦略に精通した専門スタッフによる無料WEB診断の実施をおすすめしている。
顧客獲得を実現する集客マーケティングのヒントとなるため、企業戦略にお役立ていただけることだろう。

PAGE TOP