売上を上げる完全成果保証のWEB集客サービスなら未来マーケティング「経営コラム」

COLUMN経営コラム

【必見!】SNSを利用した効果的なネット集客方法とは

【必見!】SNSを利用した効果的なネット集客方法とは

近年、インターネットでの集客に力を入れる企業が増えている中で、特に注目されているのがソーシャルメディアによる集客である。
ソーシャルメディアと言ってもさまざまなメディアがあるが、ネット集客に有効なのはSNSである。
しかし、各メディアごとに特性があり、どれを利用しても効果が出るわけではない。
今回は、SNSの特徴を活かしつつ、効果的に集客を伸ばす方法について解説していく。

SNSの特徴

株式会社ICT総研の調査(※1)によると、日本におけるSNS利用者は約80%の普及率であり、2022年には実に8,241万人に拡大するとのことである。

SNS(Social Networking Service)とは、ソーシャル(社会的)、ネットワーキング(つながり)を提供するサービスである。

従来のメルマガなどとは異なり、自社の顧客だけではなく「顧客からその友達へ、友達からそのまた知り合いへ・・・」と拡散することにより、今まで以上に多くの人に情報を伝えることが可能なため、企業の情報発信手段としては非常に有効である。

企業におけるSNS利用の実態

総務省公表の「平成 30 年通信利用動向調査の結果(※2)」によれば、企業でSNSを利用しているのは全体の約37%にも及び、利用率が高い業種別に見ると不動産業が約59%、金融・保険業が約52%、卸売・小売業が約47%となっており、その活用目的は「商品や催物の紹介・宣伝」が最も多く約69%も占めている。

ただし、SNSはもともと個人による情報発信や個人間のコミュニケーションを目的としているため、自社製品の性質を考慮し、情報発信したいターゲットを絞ったうえで利用方法を選択する必要がある。

主なSNSの利用法

Facebook(フェイスブック)

Facebookは、個人用と法人・団体用があり、企業や団体として情報を発信する場合は、Facebookページを作る必要がある。
個人用は実名登録が基本であるが、Facebookページでは「企業名」や「商品名」で登録することが可能である。

個人間のコミュニケーションではなく、企業とユーザーのつながりを促進するために利用することが多く、具体的には新製品の情報やセミナーの開催風景などの配信が挙げられる。

Twitter(ツイッター)

Twitterは、ツイートと呼ばれる140文字以内の投稿を共有するサービスである。
10~20代の若い年齢層の利用率が高い傾向があり、他のSNSと比べ拡散性が高いのも特徴である。

短文であるため、文章の内容をあまり難しく考えずに投稿できるので、今起こっているタイムリーな情報を手軽に発信できる。

例えば、「原宿でずっと気になっていたお店で、今タイムセールをやってた!」などをリアルタイムで投稿することができる。

ただし、Twitterは基本的に最新の投稿から表示されるので、発信したい特定のユーザーがその時間にオンライン上におらず時間が経過してしまった場合は、情報が伝わる可能性は低くなってしまうので、使い方にはタイミングが重要になる。

また、文字数が限られているため情報が収まり切れない時は、自社サイトのリンクを添付するなどの工夫も効果的である。

Instagram(インスタグラム)

Instagramは無料で誰もが始められ、写真や動画による視覚的な訴求に優れているため、商品や料理の紹介やおススメの観光スポットなど、ターゲットに直接アピールできるのが利点である。

また、DM(ダイレクトメッセージ機能)でユーザーの質問に丁寧に答えることで、顧客からの信頼感も高まり、口コミによって更に集客につながることが期待できる。

特にインサイト機能は、自社アカウントに興味を持って見てくれる人の居住地・年齢・性別・趣味などの属性が確認できることから、具体的なターゲットを絞った投稿が可能であり、企業のネット集客にとっては非常に有効的なツールといえる。

例えば、ターゲットが都会に住む40~50代の女性であれば、ハイセンスな流行や華麗な情景を取り入れた投稿を主体にしたり、若い世代のスポーツ好きの男性をターゲットとする場合は、パワフルかつ俊敏さが覗える画像や動画をテーマにするなど一貫性を持たせることが大事である。

まとめ

前述したSNSの普及率を鑑みれば、誰もが自社製品をSNSで発信すれば売り上げアップにつなげられると考えるかも知れない。

しかし、その配信は自社の商品やサービスの特性をよく考慮したうえ、合致するターゲットに最高のタイミングで実践することが肝要なのである

「ネットでの集客をもっと増やしたい」、「ソーシャルメディアを利用した集客方法がよく分からない」などのお悩みがあれば、株式会社未来マーケティングに是非お問い合わせ頂きたい。

貴社の課題をきっちり解決し、売り上げアップの実現をお約束する。

参考資料
※1 ICT総研「2020年度 SNS利用動向に関する調査の結果」
  (https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP538323_Z20C20A7000000/)

※2 総務省 「平成 30 年通信利用動向調査の結果」
  (https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/data/190531_1.pdf)

PAGE TOP