売上を上げる完全成果保証のWEB集客サービスなら未来マーケティング「経営コラム」

COLUMN経営コラム

ネット集客を成功させるポイントとは

ネット集客を成功させるポイントとは

ご自身のビジネスでWEBサイトを立ち上げている経営者の方、または会社のWEBサイト運営に携わっている方で、「集客が思うようにいかない」「売り上げが伸びない」という壁に突き当たるケースは少なくない。

折角作ったホームページで自社の製品やサービスを上手に宣伝し、すぐに業績アップにつなげたいと誰でも願うところではあるが、まず専念すべきは自社サイトを「人気サイト」に育て上げることだ。

サイト制作にあたり、企画段階で企業側目線のコンテンツやデザインにこだわると失敗の大きな要因となってしまう。

大勢のユーザーがサイトを訪問してくれ、多くの「見込み客」獲得に成功するポイントを解説していく。

そもそも「人気サイト」とは

「人気サイト」とは、単に売り上げの多いサイトを指しているわけではない。

例えば、平均単価50万円もする高額商品を扱っているサイトに100人の訪問者があり、30個販売し1,500万円の売り上げがあったケースと、平均単価5,000円の商品を扱っているサイトに3,000人の訪問者があり、2,000個販売し1,000万円の売り上げがあったケースがあったとする。

この場合、「人気サイト」と呼べるのは後者となる。

つまり、アクセス数こそが「人気サイト」の重要な要素であり、それはコンテンツの充実度や洗練されたデザインの証であると同時に、需要やブランディング、認知度などに直接つながっているからである。

もちろん、人気ポータルサイトのAmazonや楽天市場などは、膨大なアクセス数が結果的に多くの利益を生み出しているのも事実である。

しかし、自社の製品やサービスをネットで集客しようとしている企業は、思うように売り上げが伸びていなくとも、焦らずに長期的な安定した顧客の獲得を目指すことをお勧めする。

知っておきたいGoogleのシステム

ユーザーが何かのキーワードで検索した「検索結果ページ」は、当然のことながら1ページ目の上部の方ほど多くの人の目に触れることになる。
すなわち、“クリックされやすいサイト”である。

効率よくたくさんのトラフィック(アクセス数)を獲得し「人気サイト」に仕立て上げるには、Googleのいくつかのシステムを知っておく必要がある。

日本での検索エンジンのシェアはGoogleが90%以上を占めている。
この上ない影響力を持つその検索エンジンが、現在でも検索順位を決定するうえで大きな指標としているのが、PageRank(ページランク)という技術である。
WEB上にある一つひとつのWEBページに割り当てられる評価スコアである。

また、検索エンジンの検索結果ページで上位表示されるためには、200項目以上あるといわれるGoogleのアルゴリズム(検索結果の算定方法)が大きく反映する仕組みとなっている。

ただし、Googleが最終的に求めていることは、「ユーザーが知りたい情報が網羅されており、そしてユーザーが使いやすいホームページになっている」という非常にシンプルなポリシーであることを知っておいていただきたい。

つまり、「人気サイト」を企画するうえでは「ユーザー目線」であることが必須であろう。

人気ホームページを目指すポイント

それでは、先に述べたようなGoogleの意図するところを理解したうえで、たくさんのアクセス数と高いコンバージョン率(成約率)達成のためには何が大事なのか、人気ホームページを目指すポイントを解説していく。

誰に向けたWEBページなのか、ペルソナを明確にする

マーケティングにおけるペルソナとは、自社の製品やサービスを求める具体的な「顧客像」を意味する。
ターゲットと類似した言葉ではあるが、ペルソナは更に詳しい人物像を設定する。

例えば、ターゲットは「20代女性」と設定するのに対し、ペルソナは「東京都在住で金融会社に勤務する映画鑑賞の好きな20代女性」などと詳細に設定することである。

より具体的な顧客の条件を設定することにより、その人たちが興味を示す情報を掲載しやすくなり、サイトへの来訪者として導きやすくなるのである。

企業から伝えたいことを明確にする

来訪者にすぐにサイトの概要や特徴を理解してもらえるようなコンテンツを意識することが大切である。

これが曖昧であると、折角来訪してくれたユーザーがすぐに離脱してしまうことになりかねない。

また、製品やサービスの訴求だけに固執せず、前項で述べたペルソナが興味を抱きそうな情報やコラムなども積極的に掲載し、「魅力あるサイト」だと認識してもらうことが大事である。

まとめ

自社のWEBサイトを制作し、「集客がうまくいかないから」とリスティング広告やアフィリエイト広告など有料広告に頼ってしまう企業もあるだろう。

有料のWEB広告を否定するわけではないが、利益が少ないうちに高価な広告費用をかけるのは効率的ではない。
本来は売り上げが上がってから、更に売り上げを伸ばしたいときに利益を利用して導入するべきである。

むしろ、売り上げが少ないうちは、自社サイトのコンテンツ、デザイン、そしてユーザビリティが「ユーザー目線」に沿ったものであるかどうか検証してみる必要がある。

どうしても「集客のコツがよくわからない」「効果的なSEO施策がわからない」といった悩みをお持ちなら株式会社未来マーケティングにお任せいただきたい。

豊富な経験と専門知識を有したスタッフが費用対効果の高いサービスで、必ず御社ホームページを「人気サイト」にお導きすることを約束する。

PAGE TOP