売上を上げる完全成果保証のWEB集客サービスなら未来マーケティング「経営コラム」

COLUMN経営コラム

消費者データ分析から分かるコントロールメディアの重要性

消費者データ分析から分かるコントロールメディアの重要性

コントロールメディアは効果的に売上を増加させることができるマーケティング手法として、近年注目を集めている。

本記事ではコントロールメディアについて説明したうえで、消費者データ分析から分かるコントロールメディアの重要性について解説していこう。

コントロールメディアとは?

コントロールメディアとは企業マーケティングにおいて重要な役割を果たす「オウンドメディア」「ペイドメディア」「アーンドメディア」と並ぶマーケティング分野での柱となる集客用メディアだ。

コントロールメディアが他のメディアや情報発信媒体と異なるのは「コントロールメディアは公式メディアとは完全に独立していること」だ。そのため、第三者の立場から商品・サービスの魅力を伝達していくことができるメディアとなる。

コントロールメディアの重要性

コントロールメディアの重要性は次の「企業広告に関する消費者調査」の結果より明らかになっている。

この調査では日本全国15歳以上の300名の男女に「インターネット上に表示される企業広告を見たときの購買行動」を調べた。

調査結果では、信頼していないため買わない(調べて検討する)という方が58.97%だった。

●信頼していないので自分で調べて検討する:41.3%
●信頼していないので買わない:17.67%

たとえばペイドメディアやアーンドメディアに広告を配信し、宣伝を行っても、その広告を読んだ約60%の方には信じてもらえず、購買につながらないことを意味する。

オウンドメディアの場合には、ペイドメディアやアーンドメディアやその他の情報発信媒体と比較すると、「広告っぽさ」を抑えられるかもしれない。
しかし、インターネットユーザーの多くが広告を嫌っていることを考えれば、広告だと思われ、ユーザーに信じてもらえない可能性がある。

たとえばサプリメントメーカーA社のオウンドメディアのWEBページで、A社のサプリメントの効果が高いと書いたとしよう。
効果が高いのが事実でも「売りたいから自社の商品を推しているだけ」と捉えられてしまう可能性がある。

しかしA社のオウンドメディアと完全に独立して存在するコントロールメディアに第三者の視点で書かれている情報であれば、ユーザーに広告だと思われることはない。
口コミやレビューなどの第三者から間接的に伝達した情報はより信頼されやすいという心理効果「ウィンザー効果」がある。
ウィンザー効果とは?事例や論文、マーケティングで使う方法などを徹底解説!

コントロールメディアに第三者の立場からA社のサプリメントの効果が高いと書かれていれば、広告に書かれているよりもはるかに信頼を得やすいだろう。

第三者メディアの広告例としては記事広告が挙げられる。企業の広告枠を購入し、自社の商品・サービスを紹介してもらうことができ、自社にノウハウがなくても広告費を投じれば掲載してもらうことができるメリットがある。ただし、記事広告のほとんどが掲載期間の制限や十分な保証がないケースも多く、良くも悪くも契約満了と同時に終了する。

それに対しコントロールメディアはメディア自体が特定企業の顧客獲得を戦略的に設計した媒体であるため、高いコンバージョン率が期待できると同時に契約期間の縛りがない。また、コントロールメディアから発信する情報も消費者に理解されやすいようにコントロールできるため、PDCAサイクルを回しやすく、弊社のお客様では1つの市場を独占状態にするほどの集客効果を発揮した弊社事例も数多くある。

コントロールメディアの注意点


コントロールメディアは効果の高いマーケティング手法だが、2つの注意点がある。

自社商品・サービスページも充実させる

コントロールメディアはコンバージョンを高めるための媒体であり、最終的に消費者は企業のホームページや商品ページにたどりつく。

客観的な情報を知りたい消費者が参考にするのは、買いたいと考えている企業のホームページや商品ページだ。
たとえばあなたがサプリメントの販売事業者だとする。その場合、サプリメントの原材料について知りたいと消費者は考えたとき、コントロールメディアだけではなくあなたの販売するサプリメント情報が掲載された商品ページを参考にするだろう。

商品評価など主観性の高い情報はコントロールメディアで、商品詳細など客観性の高い情報はホームページや商品ページで公開するというような使い分けをすることで高いコンバージョンを弾きさせることを覚えておこう。

景表法及びその他の法律に注意

日本には商品及び役務の取引に関連する不当な景品類及び表示による顧客の誘引を取り締まる景品表示法と呼ばれる法律がある。

たとえば「やらせ口コミ」は景品表示法で禁止されている「不当表示」にあたり、違法行為とされてしまう可能性がある。
景品表示法及びその他の法律の知識がない状態でコントロールメディアを構築すれば、知らず知らずのうちに景品表示法を違反してしまう可能性があるため十分注意しよう。

コントロールメディアの重要性のまとめ

コントロールメディアを利用することで、ユーザから高い信頼を得ることが可能だ。しかし景品表示法及びその他の法律に注意する必要がある。

弊社では数十人の弁護士や法律家の監修をもって安全にコントロールメディアを運用している。安全な運用でコンバージョン率を高めたいとお考えの場合、ぜひ弊社コントロールメディア関連の記事で理解を深めてみてほしい。

PAGE TOP