売上を上げる完全成果保証のWEB集客サービスなら未来マーケティング「コラム」

COLUMNコラム

人気記事

2020.06.28

Web集客のために知っておきたいSEO

Web集客のために知っておきたいSEO

Web集客をするには、Webサイトを作り多くの記事を掲載するなど多くのコンテンツが必要となります。コンテンツの提示と同時に必要なのがSEO対策。SEO対策がしっかりしないと、検索しても出てこなくなるなどWeb集客効果が低くなってしまいます。今回はそうしたWeb集客に欠かせないSEOについて説明していきます。

SEOのWeb集客効果


SEOを日本語に訳すと「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」であり、「検索エンジンで上位に表示されるための対策」を表します。普段何気なく行なっているインターネットでの検索ですか、検索によって表示されるサイトの順番は適当に決めているわけではありません。入力したキーワードと検索エンジンで評価したWebサイトの情報を組み合わせで、最も良さそうなものを上から順番に表示しているのです。

SEOとはこうした検索エンジンで評価をされるための工夫を施すことであり、適切にSEO対策が施されたWebサイトは検索エンジンの上位で表示されやすくなります。ユーザーは検索されたサイトを上から順番にクリックしていることが多いため、SEO対策がしっかりしているWebサイトはそれだけで集客効果が高く、売上アップなどの効果が期待できます。

Web集客向上のために意識すべき3つのこと

SEO対策としてのテクニックは10種類あるともいわれていますが、意識すべきことは3つだけです。「専門性」「権威性」「信頼性」をSEO対策として意識していくことになります。

専門性

「専門性」とは金融や証券、美容など特定のジャンルについてどれだけ詳しいかを示すものです。特定のジャンルに関する記事を数多く掲載していて、一つ一つの記事で顧客の悩みや疑問点を解消できると、検索エンジンは専門性が高いと評価してくれます。
様々なジャンルを幅広く掲載するのもよいですか、一つのジャンルに特化して、かつ分かりやすく説明できるWebサイトの方が、Web集客の効果が高いといえます。

権威性

「権威性」は第三者からどれくらい評価されているのかを示すものです。権威性はリンクの数が関係しています。自社のWebサイトへのリンクを外部のWebサイトが多数設置している場合は権威性が高いことになります。以前は権威性がSEO対策において重要な指標となっていましたが、ただリンクを置いているだけのサイトが設置されるなど悪用されたこともあるため、現在では重要性が低下しているので注意してください。

信頼性

「信頼性」は専門家としての見聞や信頼性の高さを示すものです。掲載する記事が特定の問題を解決するような内容であった場合、その会社独自の切り口から物事を見たり、ほかにはない解決方法を提案したりすると、信頼性の高いWebサイトとみなされるようになります。
ただし新しい切り口を求めるあまり事実と逸脱した内容を記載したり、間違った解決案を提唱したりすると、顧客からの信頼を失うことになるため気を付けましょう。

Web集客のために今からできるSEO


Web集客のためにはSEO対策が必要不可欠です。では実際のところどのようなことをすれば良いのでしょうか。SEO対策したい時は「キーワードと答えを明確にする」ようにしてください。Web集客の場合は顧客が入力したキーワードをもとに集客が行われます。そのため自社が売り出したいものに関連するキーワードをピックアップしておき、次のタイトルや見出しなどにキーワードを入れておく必要があります。

キーワードを明確にしたら今度は答えを決めましょう。顧客がキーワード入力したのであれば解決したいものがあるはずです。解決したい内容を記事の結論として、そこに至るまでの道筋を丁寧に描ければSEO対策は行われたといえます。

まとめ

SEO対策をしっかりと行うとグーグルなどの検索エンジンが良いウェブサイトと評価してくれるため、検索の上位自社サイトが表示されるなど集客効果を高められるメリットがあります。

ただしSEO対策には即効性がないことには気をつけてください。顧客の悩みを解決できるコンテンツを多数提供したり、高い専門性が示せるページを複数用意したりと、SEO対策には準備が必要であることから、すぐには対策できないようになっています。

基本的にWeb集客の効果が表れるぐらいまでSEO対策の対策をおこなうには、SEO対策専門の社員を用意するなど、人的リソースの抽出が必要です。人材が十分に存在していれば問題ないのですが、人材が少ない場合は選任するのが難しい場合もあります。

Web集客におけるSEO対策は専門で行ってくれるところがありますので、専門に任せたい人材が社内にいないときは、そうした専門としているところに、依頼や相談をしてみてはいかがでしょうか。



PAGE TOP