コラム|売上を上げるマーケティング会社の未来マーケティング

売上を上げるマーケティング会社の未来マーケティング「コラム」

Newsコラム

マーケティング

2019.08.22

メディア戦略を活用する大物たち|ビジネスを勝利に導くメディアの力

メディア戦略を活用する大物たち|ビジネスを勝利に導くメディアの力

第45代アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプのメディアビジネス

アメリカの大統領ドナルド・トランプは、アメリカの人気テレビ番組「アプレンティス(The Apprentice)」や続編の「セレブリティー・アプレンティス(The Celebrity Apprentice)」に出演し、自身のエピソードやマーケティング理論を展開して注目を浴びました。
トランプ氏は、エンターテインメント性の高い番組の中でも、ビジネスにかぎることなく、自身のブランドや権威のある人物である印象を強めるアピールを戦略的におこなっていました。このメディア戦略による全国的な露出で政治、ビジネス面において大きな利益を得てきたのは言うまでもありません。
 
メディア戦略は世界の大統領選にも使われています。
2008年、アメリカ共和党大統領候補のマイク・ハッカビーもメディアにおける露出を重視した活動をおこないました。実際に、FOXニュースの大統領選コメンテーターや「ハッカビー・レポート(Huckabee Report)などに出演し、アメリカのラジオ局で毎日放送されていました。
当時のハッカビー氏のスケジュールは、アメリカ各地で行う個人講演で埋まっており、イベントや講演において名前を売ることを戦略としていました。大統領選に敗北こそしましたが、副大統領候補にしばしば名前が挙がるほどのメディア活動は大きな影響を及ぼしています。
 
ビジネスにおいて最も重要なことは商品を知ってもらうことです。できるだけ広く、そして頻繁に、多くの場所で人々の目に触れてもらう必要があるのです。
メディアへの露出は、人々の記憶に印象付けるために非常に効果的な方法としてさまざまな分野の戦略でつかわれています。
 

なぜ、ソーシャルメディアがビジネスに必要なのか


現代では、ソーシャルメディアの爆発的普及により、個人が注目を浴びることも簡単になりました。今では企業、政治家、芸能人、ユーチューバー、個人活動家など、仕事やその枠を越えてプロモーション活動ができるようになっています。
 
人とつながりたい
 
この人類の隠れた心理から構築されたソーシャルメディアでのプロモーションは、自分のつながりから得た情報であるため、とても受け入れやすいものとなります。
すでにソーシャルメディアを利用したプロモーションを取り入れている企業も多くありますが、正しく運用されていないケースも珍しくありません。従来の検索サイトで利用される広告と混同してしまい、企業側からの一方的なメッセージになってしまっているのです。
ソーシャルメディアにおけるプロモーションの一番の目的は自社や商品を認知してもらい、その魅力を届けることです。この共感型のメディアにおいては、ただ商品の良さをアピールするだけではなく、共感を働きかけるようなメッセージが共感呼び、さらに拡散されやすくなります。
 
先述したアメリカ大統領ドナルド・トランプの場合、ときに過激な表現を用いりながら、トランプ氏自身の考えを積極的に伝えていっています。何億、何十億という大衆に届けていくことで、共感できるファンにメッセージを届けていっているのです。
 
ソーシャルメディアでのプロモーション活動とは、零細、中小企業においても「よく分からないから」という理由で運用していない企業もあります。しかし、「分からないから使わない」のは明らかな機会の損失につながっていることに気づかなければなりません。
ソーシャルメディアとは、通常の営業活動ではアプローチすることのできなかった客層への認知が可能です。
ユーザーに信頼とともメッセージを届けていくことができる有効な手段なので、自社や広告代理店での運用を検討をしてみてはいかがでしょうか。

ソーシャルメディアをビジネスに活用するときの注意点


実際にソーシャルメディアをビジネスに活用している企業や店は多くあります。
街なかの店に行けば「いいねを押せば○○をサービスします」や「リツイートで○○割引き」などさまざまな使い方がされています。しかし、ここで注意しておかなければならないのは、メディア戦略の目的は消費者への認知と顧客の獲得であることです。
ソーシャルメディアを戦略のひとつとして扱っている企業は、単純にいいねの数やシェアの数だけで判断してしまっていることが多く、ソーシャルメディアに対する費用対効果を正しく分析できていません。
当初の目的である消費者への認知と顧客の獲得の成果を上げていくためには、どのように消費者の心理を誘導していくのか、を深く考える必要があるのです。

まとめ

消費者はメディアを通し、ありふれた情報の中から価値のある情報を探しています。現代においては、企業側は消費者にとって価値のある有益な情報を提供し続けなければならない時代になりました。
メディア戦略とは、目的にフォーカスすることで驚くほどの成果を生むことができます。今までの集客プロモーションに加え、世界の大物も実践するメディア戦略を取り入れてみてはいかがでしょうか。
 



PAGE TOP