売上を上げる完全成果保証のWEB集客サービスなら未来マーケティング「コラム」

COLUMNコラム

マーケティング

2020.09.09

ネット集客で競合他社と差別化する方法とは

ネット集客で競合他社と差別化する方法とは

あなたはどうすれば差別化できるのかについて明確な答えを持っているだろうか。
多くの商品・サービスが存在し、情報が溢れている現在、売上を改善するためには競合他社との差別化が重要だ。

本記事ではネット集客における競合他社との差別化の方法を解説していく。

ネット集客で競合他社と差別化するのが重要な理由

ネット集客で競合他社と差別化するのが重要な理由は、現在は情報が溢れており、ユーザーが混乱していることだ。

インターネット上には企業の自社サイトやアフィリエイトサイト、その他のメディアサイトなど、さまざまなサイトが存在している。ユーザーがサイトの違いを認識し、どのサイトは信頼できて、どのサイトが信頼できないのか判断するのは難しい。

そのためサイトへのアクセスを獲得できても、購入には至らないケースは多い。

ネット集客で競合他社と差別化する方法とは


ネット集客で競合他社と差別化する方法を3つ紹介していこう。

第三者目線での情報発信

第三者目線で情報発信を行うことで、ウィンザー効果の恩恵を受け、より信頼性が高いサイトを作成し、差別化が可能となる。企業の自社サイトやアーンドメディアやペイドメディアなど、当事者目線での情報発信を行うメディアやサイトは多い。

しかし当事者目線の情報は、ユーザーからの信頼の獲得が簡単ではない。しかしコントロールメディアなどを利用して、第三者目線での情報発信を行えば、情報の信頼性において競合他社と差別化が容易となる。

ブランディングへの意識

ブランディングを意識したサイト運営を行うことで、差別化が可能だ。

ブランディングは商品の質そのものでの差別化が難しくなりつつある今、非常に重要なポイントとなる。ブランディングに成功すれば、新規顧客の獲得はもちろん、既存顧客の維持効果が期待できる。

具体的にはユーザーにどのような商品・サービスもしくは企業として認識して欲しいのかを明確にしたうえでサイト運営を行うのが重要だ。たとえば品質の高さを売りにしているのであれば、「激安」といった言葉をサイト内で利用するべきではないだろう。

ターゲティングを意識する

ネット集客時にどのようなユーザーの集客を行うのかを明らかにして、ターゲティングを意識するのは差別化において重要だ。

しばしばターゲティングが甘いサイトが存在する。しかし情報が溢れている今、ターゲティングが甘いとユーザーは他人事のように感じ、その情報を無視することが多い。

ターゲティングの例えとして「この商品・サービスもしくは情報の対象者は〇〇(例:昔は肌が綺麗と言われていたが、40代になって肌が荒れやすくなった専業主婦。特に気になるのはシミ。だけど肌が綺麗だと思われたい)」というように細かくターゲティングの設定をしていこう。

競合他社と差別化する際の注意点


差別化を失敗しないためにあらかじめ理解しておきたい注意点を3つ紹介していこう。

表面的な差別化では意味がない

ネット集客で競合他社と差別化する際に、「競合他社もやっているから」「注目されている手法だから」という理由だけで、表面的な差別化を行おうとしても意味はない。自社のターゲットユーザーの心理をよく理解し、どんな商品・サービスもしくは情報を求めているか把握し、本質的な差別化を行う必要がある。

抽象的なブランディングを行う

競合他社と差別化したいものの、明確なユニークセールスポイントがないといった企業も少なくないだろう。現代では「世界初」「史上初」もしくは「業界初」といえる明確なユニークセールスポイントを持つ商品・サービスは少なくなった。

明確なユニークセールスポイントがない場合には抽象的なブランディングを目指すのが現実的だ。自社の商品やサービスを利用して満足する顧客目線から見えてくる抽象イメージを把握し、抽象的なブランディングで差別化を図ろう。

価格競争による差別化は行わない

「業界最安」といった差別化はシンプルなうえに非常に強力だ。
そのためしばしば価格競争によって差別化を図ろうとする企業も存在する。しかし価格競争による差別化を行ってしまえば、薄利多売を行う必要が生まれ、新規顧客の獲得コストが増え、利益率が下がるといったことが考えられる。そのため、価格競争による差別化には注意しよう。

まとめ

商品・サービスの種類が増え、情報が溢れている現在、売上を改善するためには競合他社との差別化が欠かせない。その中でも効果の高い方法の1つがコントロールメディアを利用したブランディングだ。弊社ではコントロールメディアの運営を行っている。興味がある方は相談して欲しい。

PAGE TOP