売上を上げる完全成果保証のWEB集客サービスなら未来マーケティング「コラム」

COLUMNコラム

マーケティング

2020.01.10

集客を倍増させる企業PRとは?

集客を倍増させる企業PRとは?

あなたの企業はどのようなPR方法を実施しているだろうか。

企業のイメージやブランディングを行うにはPRは必要不可欠だ。
最近ではSNSや口コミの影響力が大きくなり、このPRの重要性に重きを置く企業も増えている。

本記事では企業PRの必要性や集客を倍増させるためのPR方法をご紹介しよう

企業PRの必要性とは


最近、企業PRを重要視する企業が増えている。
参考:1000億円超の市場規模へ、PR業界の「今」と「これから」

なぜなら、企業イメージは様々なことに影響するからだ。
今はSNSの発展により、企業のイメージは急速に反映しやすい傾向にある。つまり、SNSなどを活用すれば企業PRを行うことで企業のイメージを良い方向へ印象付けることができることを意味する。

従来の企業PRの考え方では、「商品やサービスの認知→利用→ファン化→継続利用」という流れが一般的だった。
そのため、最初の「認知」を獲得するために大規模に企業PRできる資金を持つ大手企業の商品やサービスが注目されやすくなり、中小企業はこの最初の「認知」に大きな課題を抱えていた。

しかし、SNSが浸透することで情報の発信手段が増え、いわゆる口コミなどが大きな影響力を持つようになった。そして「まずファンになってもらう」というPR手法が可能となり、多くの企業が積極的にSNSをマーケティングツールとして採用している。

企業PRの役割とは?


PRとは「Public Relations(パブリックリレーションズ)」の略で、「企業と社会をつなげ、相互に利益があるような良い関係を築くこと」を指す。

最近では、広告ではなくパブリシティ露出で取り上げられる事を目的に企業が自ら資金を投資し、メディア受けの良い活動を行う事業活動が盛んに行われている。

企業はそこまでして広告ではなくパブリシティで取り上げられる事が必要なのだろうか。
答えは広告との違いにある。 パブリシティは生活者視点でのメディアを通じて情報発信されることに対し、広告は企業主体で情報発信されていく。

パブリティも発信元は企業なのだが、メディアによって生活者視点に変えられる為に消費者は拒否感を示すことは少ない。

集客を倍増させるPR方法とは?

企業PR活動というのは「露出すること」が一応の成果としてみなされているが、最終的に行き着くのは「安定的な集客をすること」だろう。
ここでは集客を倍増させるPRについてご紹介していこう。

メディアでの露出を増やす

企業PRは、一般的には、テレビやラジオでのCM、雑誌などの広告メディアに出稿することがメインだ。

しかし、広報活動会社に依頼を出すのが一般的で、マスメディア向けに広く訴求をすることができる一方、出稿にはかなりの金額がかかる。また、どのくらいの効果があるのかを測るのが難しいのも事実だ。

「広く認知してもらう」という効果はもっともある方法だが、「広告をみた人の何割が商品を購入したのか」の詳細な分析は難しい。

「売る」というより、「知ってもらう」に重きを置いた企業PRといえるだろう。

ターゲットを絞った広告

マスメディア向けではなく、FacebookやInstagramなどで対象者をターゲティングして広告を出す方法もある。また、これらは広告配信のターゲットを絞れるだけでなく、購買経路も測ることができ、費用対効果を確認することができるのが強みだ。

最近の企業PRや製品PRは、FacebookやInstagramなどSNSを活用した方法が主流になりつつあり、高い集客につなげる方法として人気を集めている。

まとめ

本記事では企業PRの必要性や集客を倍増させる企業PR方法をご紹介していた。

テレビなどマスメディア向けの広告は、どうしても費用が高くなることが多い。低コストで抑えつつ、イメージを向上していくには、SNSやインターネットを活用した発信方法が良いだろう。

企業イメージは、一朝一夕では変わらない。地道な努力の末に生まれるものだ。

弊社では完全成果保証の集客サービスを提供している。現状の集客効果に疑問を抱いている場合はぜひ検討してみてほしい。

PAGE TOP