売上を上げる完全成果保証のWEB集客サービスなら未来マーケティング「コラム」

COLUMNコラム

マーケティング

2020.08.31

WEB集客で記事コンテンツが求められる理由とは

WEB集客で記事コンテンツが求められる理由とは

WEB集客にはさまざまな方法があるが、そのなかでも記事コンテンツを利用したWEB集客がおすすめだ。

本記事ではWEB集客で記事コンテンツが求められる理由と注意点をご紹介する。
WEB集客で売上を改善したい方は参考にしてみてほしい。

WEB集客で記事コンテンツが求められる3つの理由

WEB集客で記事コンテンツが求められるのには主に3つの理由がある。

記事コンテンツが資産になる

コンテンツマーケティングでは記事コンテンツが資産となり、たまっていく。

マーケティングに使われる費用は支出と見なされることが多い。たとえばランディングページを作成し、リスティング広告を配信するとしよう。
お金を払って配信している間は効果があるが、配信を停止してしまえばサイトへのアクセスは減少し、何も残らない。

一方で記事コンテンツを用いてWEB集客の一環としてSEO対策を行い、記事コンテンツが検索エンジン上で上位表示されたとしよう。
ユーザーに求められる質の高い記事は継続的に上位表示される傾向がある。そのため記事コンテンツは上位表示され続け、会社に継続的に利益をもたらす資産となる。

記事コンテンツを入れ、そのうちの数割が上位表示されたサイトが、その後ほとんど手を加えていないにもかかわらず、月に数百万円の利益をもたらしているといった事例もある。

記事コンテンツによるWEB集客であれば、マーケティング費用を有効活用が可能だ。

少額でも開始できる

記事コンテンツを作成し、インハウスでSEO対策を行うといったWeb集客方法なら、少ない費用でも始めることが可能だ。

Web広告を配信する場合の費用は媒体などによって異なるが、業界によっては成果を出すために大きな費用負担が発生することがある。
しかし、記事コンテンツを活用したSEO対策を行う場合は、社内に記事コンテンツの作成・SEO対策が可能な人材がおり、インハウスで行える場合には、費用がかからない。
また、以前は見合った人材がいない場合には、新しく人を雇う大きなコストが負担になることもあったが、現在はクラウドソーシングサービスを利用して外注可能だ。簡単にリソースを確保できる。

たとえば記事コンテンツの作成をクラウドソーシングで外注する場合、3,000文字程度の記事であれば、最低1,000円前後から外注できる。

外注すれば費用はかかるが、広告を配信するよりはコストを抑えられるケースが多い。

集客効率が高い

記事コンテンツによるWeb集客は集客効果が高い。

広告の配信などを行う場合には、企業側から売り込みをかけることになる。しかし、現在では広告は「興味喚起」の役割しか果たさなくなりつつある。そのため広告でWeb集客できても購入まで至らず、売上の改善効果は小さいことも多い。

しかし記事コンテンツを利用すれば、「認知」「興味・関心」段階の顧客を「比較・検討」「購入」段階に育成できる。
また、そもそも製品やサービスに興味がないユーザーにはコンテンツが届かないため、将来的に顧客となる可能性が高いユーザーをピンポイントで狙うことが可能だ。
そのためより大きな売上改善効果が期待できる。

Web集客に記事コンテンツを用いる際の注意点


Web集客の記事コンテンツを用いる際の注意点は即効性が低く、長期にわたって取り組む必要があることだ。
成果がでるまでに時間がかかるのはもちろん、成果を見ながら軌道修正をするといったことが必要になるため、成果の実感がないまま断念する企業も多い。

記事コンテンツによるWeb集客をより効率的に行いたい場合は、専門業者に依頼することを検討しよう。資産になるほか、集客効率が高く、企業にとっても将来的な大きな資産になることは間違いないだろう。

PAGE TOP